私(当時37歳)と弥生さん(当時32歳仮名)はある中学校に勤務していました。彼女は音楽の先生で美人で中学生にはもちろん男性職員や保護者にもマドンナ的存在でした。私も彼女も既婚者で子どもが2人ずついました。私と彼女は所属学年は別々だったのでそれほど話す機会もありませんでした。私は、弥生先生のファンクラブ会長と公言はしていました。ある日私の机の上に紫陽花の花が飾られていました。そこには「先生のファンクラブ」よりというメッセージが添えられていました。飾ってくれたのは誰かわからなかったのですが、音楽室に用事があって行ったときに同じ紫陽花の花が飾られていたのでもしかしてと思って彼女に尋ねたら「私です。」という返事がありました。それをきっかけによく話をするようになりました。翌年、私と彼女は同じ学年部に所属し席も隣になりました。中学3年生担当だったので、夜遅くまで仕事をしたり、部活動で休日も学校に出勤したりして、彼女と過ごす時間がだんだん多くなってきました。彼女のことが好きになり、「弥生先生は大事な人です。」と告白したら、「私も○○先生のこと大好きです」と。帰宅途中に公園により車の中でキスをしました。毎週水曜日の夜をデートの日と決めて車の中で30分程度会っていました。それから夏休みのある日、海に出かけ、その帰りにホテルに寄り結ばれました。彼女は旦那さんとはセックスレスの関係であることを告白してくれました。私も妻とはセックスレスの関係だったし、月に1回程度ホテルでお互いの体を求めあいました。妻とは経験したことがないセックスも体験することができました。体の関係だけでなく、共通の話題や悩みもあり話も盛り上がりました。彼女といるだけで楽しくなりました。ただ、職業柄不倫の関係がばれてしまうと大変なことになるので、それだけはお互いに注意していました。彼女とは4年間不倫の関係を続けました。その後、お互い別々の学校に異動をしたので、それを機に別れましたがまたお互いの職場が近くなればきっと、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください