不倫なんて自分に関係ない。結婚して既婚者になった時点で遊び感覚の簡単な恋愛に飛び込むことなんて絶対にあり得ない。
そんな一途で固い決意をもっていた自分がまさか不倫に手を出すなんて思いもしませんでした。
コロナ禍で様々な環境の変化が起こり、時間の使い方やストレスのたまり方が変わった頃。
ふと気づくと甘い言葉ですり寄ってきてくれる子がいました。不満や愚痴を嫌な顔をせずに親身になって聞いてくれ、癒しをもらった気分でした。
こんな時でなければ、他にストレスの発散方法があったはず。旅行に行ったり、美味しいものを食べに行ったり、気の合う友人と飲みに繰り出してみたり。
言い訳でしかないのは分かるのだが、当時は他のストレス発散方法も考え付かず、安易に不倫という道に手を出してしまっていた。久しぶりの恋愛しているような気分にウキウキな毎日。仕事へ行くのも楽しく、こんな状況だということをすっかり忘れてただひたすら愛欲に溺れる毎日。人目を避けるためホテルで集合の行為を楽しむだけのデート。
しかしそんな付け焼刃の疑似恋愛真っ只中な自分の変化にパートナーが気づかないわけもなく。
無駄に多い残業、休日出勤、在宅勤務のはずが出社すると言ってみたり。
冷静に見直せば、バレて当たり前な行動ばかり取っていた自分に全く気付きませんでした。
ある日、無防備に放置していたスマホからラインのチェックが入りバレました。
その後がまあ大変!なんでこんなバカで単純なことをしでかしてしまったのかと後悔の日々。
ひたすらに責められ針の筵。相手を訴える!職場まで話し合いに行く!と激昂したパートナーをなだめすかし何とか落ち着かせようと必死でした。
結局、相手が会社を退職するということで決着がつきました。
パートナーからの自分への信頼は0になり、毎日スマホのチェックをされています。いつかは笑い話になってくれるかも知れませんがやってしまったことは一生つきまとうので不倫なんてしなければ良かったと本当に反省しています。
これから不倫をお考えの皆さま、是非やめておくことをおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください