第14話 最近めっきり姿を見なくなった複数又癖のこうきくん

ギター不倫の彼女と彼と私

最近、まったく姿を見なくなったこうきくん。
別れた直後は、近所を歩いているところを目撃したり、私がたまにギターを練習している公園に車があったりと、よく目撃したのだが最近は全く見なくなった。
と思っていたら、先日友人から、「たぶんくみさんだとおもうけど…。」といって、一緒にいるところをみたよと連絡が。
こんなような写真付きで、笑

カップルの後ろ姿のイメージ

別れてから一年以上たつのに友達ってすごいなと、笑
なんかオーバーオールみたいなの着てる女だったと、友達は証言。
くみさんだったとしたら、望んでいた状態に近い未来がやってきたなと、、、
正直私はくみさんが嫌いだ、だからこうきくんと複数又をかけられながら、だらだらと年を取るまで一緒にいたらいい、結婚もせず子供もつくらず、年を重ねたらいいと密かに思っていた。
そのうちこうきくんは、みっちゃんともまた会うようになる、現に今も連絡を取っている。というか、おそらくもう会っているだろう…。それが不倫というものだ。
くみさんも今はぎりぎり20代かもしれない、そして彼女はまだ知らない、今後自分に待っている未来を。
こうきくんが、複数の女性と付き合うことはもう変えられない、そんな現実を見ていないだろうくみさんが、年を重ねてはじめてその現実に気が付いたら面白いなと密かに思っている。
彼女は現実を直視できない人らしいから、一生気が付かない可能性もあるが、、、笑
まあそんなことはどうでもいい、私が真実を知ることはもうないからだ。
ただ、二人が幸せでないことは確実だ。
彼はいつも世に中への不満を口にしていたし、嘘に嘘を重ねていつも偽りの中で生きている、そんな人間が幸せなわけない。
そして、くみさんがまともな人ならすぐにそれに気が付くだろうと思うが、今二人が一緒にいるということは同じタイプの人間ということだ。
であればくみさんも不幸な人だろうと容易に想像がつく。そういうことだ。
そして、かなり久しぶりに記事を投稿していますが、この半年の間にはいろいろとありまして、何から書いたらいいのやら、、、
まずは、私がお付き合いしていた年下の彼ですが、年末にお別れがきました、汗
こうきくんと縁を切ってから一緒にいてくれて私の癒しだった彼ですが、やっぱり男としてかっこいいとか頼れるとかないんですよね。
好きかどうかといわれるとちょっと違う、、、ずっとそんな気持ちで一緒にいたらお互いの気持ちは当然離れますよね。
でもお別れの一番の理由は、私の心がもう癒えたから。
こうきくんがいなくなってさみしかったんだと思う、そんな時に彼がいてくれたからさみしくなっかたなって実感しているから、お別れするときはお互い気持ちは決まっていて、どちらが傷つくとかそういうこともなく、お互い「ありがとう」って良い友達になれた珍しいパターン。彼には今でも感謝してる
なんだか傷つかない恋愛って心を癒すことができるのね、ってはじめて思ったな。
そんなことがあり、なんだかんだで今はまた新たに、生涯一緒にいられると思える相手に出会うことができ幸せを実感中です。
不要なものや人も、手放すと新しいものが手に入るんですね。
そして、やっぱり価値観が近い人といることが一番違和感なくしっくりくるんですよね。
だから浮気をする人は、浮気をする人と気が合う、ギター不倫のみっちゃんとこうきくんがそのいい例なんだなと納得。
二人は気が合うんですよきっと、同じタイプだから。
みっちゃんが、旦那さんに不満を持つのは、一緒にいて刺激がなくて、燃えないからなんだなとも思う、旦那さんはとてもいい人、浮気もしないタイプだし、優しい人。
安心して一緒にいられるパートナーと刺激を求める人が一緒にいると幸せになれないという方程式が成立するわけです。
みっちゃんの旦那さんは本当にいい人、離婚問題になったとき子供からにらまれたんだそう、「自分が浮気をしたと思われている。」だけどそのあとなんて言ったと思います?「でも、子供はママが大好きだからこの事実は知らせたくない、だから自分が浮気していると思われたままでいい」そう言ったんですよ。
なんだかすごい人ですよね、そんな素敵な人が旦那さんなのに、みっちゃんは自分本位に刺激を求めて、不倫して大切な家族を傷つけるなんて最低な人だなと改めて思ってしまいます。
素晴らしい人が近くにいるのに気が付けないなんて不幸だなって、、、
きっとみっちゃんも潜在的に不幸な人なんだろうと思いながら、私は今、過去をかみ砕いて飲み込もうとしている。
そして私がこのブログを続けるのは、世の中から搾取するパートナーと搾取される人というカップルが減ってほしいという願いがあるからです。
わたしのような、ただ安心して幸せになりたい、刺激とか別に求めない、そんな人からしたら、刺激を求めたり、自分の欲求を満足させるために人を気づつけることを躊躇なくする、躊躇したとしても、自分の欲求を優先する種類の人が、世の中には存在するということを理解し、食い物にされないよう自衛するすべが必要なんだと思うわけです。
もし今、複数又癖のこうきくんのような男性と付き合っている人がいるなら、あなたのできることは2つしかありません、それを受け入れ理解した上で一緒にいることを選ぶのか、別れるのかです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました