第11話 彼のラブホテル通いの真相

よくこうきくんの車とすれ違う、、、近所なのによくこんなことができたなぁといつもすれ違ったり見かけると思う。そしてその日に出会った時間は朝10時過ぎだった。どの女かはわからないが女性の家に泊まっていたのだろうと思う。※もしかしたら同僚の「シングルマザーもずみさん」かもしれない。
一緒にいるときも夜勤だと言って女性の家に月に一度程泊まっていたようだったが、、、なにも知らずにこうきくんに騙されている女性がまだまだいるようだ、、、。
わたしが名前と顔を知っているのは私以外に2人というだけでまだまだいるのは確かである。
それをわかってて一緒にいたわたしはどうかしていたのだろう、、、(笑)

夢でまるこちゃんにマッサージとかされたかったけどね
二度寝したんだけどまるこちゃんは来なかった…
今日は休みだからゆっくりギター練習でもしてるよ~

ギターの練習風景動画で待ってます👍
時間あったら事務所にコーヒー飲みにおいで☺️

そんな見せれるもんじゃないからね(笑)
いやいや 仕事の邪魔になっちゃうよ
まるこちゃんの聖域だからね

絶対ギター上手やし☺️
自分のペースで仕事ししてるから大丈夫よー

10年やってるから 10年やってるなりには弾けるかなって感じだよ(笑)

教えれるくらいやもんね☺️

じゃあ BGM的な感じで事務所で演奏させてもらお

きてきて☺️
それ、仕事はかどる👍

お客様と打ち合わせとかじゃない 大丈夫?

今日は来客予定なしよ〜

それなら良かった

わたし、そんなに忙しくないからねぇ😅

なんてLINEしながら完全に彼の手口にはまるわたし。
彼はギターを女を落とす武器にしている。
というより、ギター教える名目で女に近づくのが上等手段である。
それを証拠に彼は私にはギターをほとんど教えない。
もうわたしにギターという大義名分はいらないからだ。
落とすまではギターを教えることを理由にして会ったり、練習する場所としてラブホテルに連れ込む。
雰囲気的にそういうことになったとしても、こうきくんはおそらくこういう「男と女だからそういうことになることもあるよね、そんなつもりじゃなかったんだけど、○○ちゃんが、、、。」ちゃんと相手に責任を押し付けるのが彼の定番のやり方である。(笑)
でも、わたしはこうきくんにラブホテルに連れて行ってもらったことがない。
こうきくんに「ラブホテル行ってみたい!」と言ったことはあるのだが、こうきくんは、「あんなとこ行くもんじゃないよ~」と言い放った。
会社の同僚くみさんも、みっちゃんもラブホテルに連れ込むのに、、、。
しかも二人とも同じラブホテルに。
どうしてかなと考えたとき分かったことがある。
そのラブホテルは夜12時までのフリータイムで3980円サービスでたこ焼きが付いてくる。そして、無料でローションが付いてくるのだ。
彼はわたしとセックスをするようになってから、急にこんなことを聞かれた!「ねえ、ア〇ルでしたことある?」と、、、。私は「えっ!!それはないなぁ、、、こうきくんはしたいの?てかしたことあるの?」と聞いた。するとこうきくんは「ないけど気持ちいらしいよ!ほら、やりちんの友達がいるって言ったじゃん、そいつが言ってた。」と言ってきたことがある。
おそらくそのヤリチンは自分のことだろう。
わたしはこう答えた「でもお尻でなんかしたら病気になるし、汚れるんじゃない?」といったらこうきくんは「お風呂とかですれば大丈夫なんじゃない?」といった。
それを思い出して、謎が一つにつながった。
こうきくんは、ア〇ルセックスを楽しむためにラブホテルに通っているのだと。
それももう一つ根拠がある。
こうきくんのお〇んちんは、すごく細いのである。
いままで見たことがないくらいに、、、。体が細身だからバランス的にはびっくりしないような気もするが、初めての時つんと当たってるのがほんとに細くって、彼が結婚していないのは性器が細く女性とうまくいかなかったからだろうか、、、?と考えたほど(-_-;)
だから出産を経た女性だと挿入時、筒状態なのだと思う。
わたしは出産をしているが、10年セックスをしてきていないし、子供もみんな小さく産んでしまったからギリギリ膣で大丈夫だったのだと思う。
不倫の彼女みっちゃんとはおそらくア〇ルセックスを楽しむ目的でラブホテルに通っていたのだろう。もしくは、もう一つの理由としては、単にこうきくんは愛撫をせずにセックスをしたい男だという理由だ。
不倫のみっちゃんは旦那ともセックスしている可能性があるから、汚くて舐められないと思う。そもそもくみさんのことは、「出産前の女は締まりはいいけど感度が悪いんだよね~」とヤリチンの友達がそう言ってた!というていで話していたことがあるから、恐らく濡れにくいのだろう。だからセックスする時に舐めなければいけないからローションが無料でついているラブホテルまでわざわざ行ったのだと思う。くみさんは一人暮らしだから別に自宅のアパートですることができるわけだから、、、収入の少ないこうきくんがわざわざラブホテルに行くには理由がある。
そしてわたしをラブホテルに連れていく必要がなかったのは、濡れやすく愛撫する必要がないし、わたしがリードして始まるセックスだったからである。
彼はいつも仰向けになって待っているだけでわたしが何もしなければ、舐めてと言ってくる始末だ。
あと、なぜわたしに不倫のみっちゃんと通っているラブホテルがバレたのにくみさんまで同じラブホテル連れ込んだのは単にこうきくんが浅はかな男で、そこまでしてオーラルセックスをしたくなかったということなのだろう。

不倫したのも、当時の彼女遠距離中のりよこちゃんがいたのに浮気をしたのは「体が合わなかったからだ」とこうきくんは当たり前のように言った。

ちなみにこのやり取りはまだ私と体の関係がない時のこと。過去の話というていで不倫の彼女みっちゃんの話をしていたので一番嘘がなく話していた時だろうと思う。

こうきくんは、みっちゃんに関してはセックスしても筒のようだとまで言い放った。

向こうから迫ってくるくせに何にもしないとまで言った。要するに、みっちゃんははい、セックスしますよやってくださいね。というスタイルなんだと思う。

オーラルセックスをしない彼からすると毎回ホテルに行ってローションを使ってセックスするのが手っ取り早かったとしか思えない。

そこは本人たちしかわからないことだろうが、、、。